ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

カサーレ・デッラ・イオリアのカンポ・ノーヴォ

カサーレ・デッラ・イオリアのカンポ・ノーヴォ

チェザネーゼはラツィオでのみ作られる土着品種。タンニンが豊富で糖度が高いが実は小さい。

【コメント】
 ほのかにブルーベリーの香り。それ以外ははっきりと香りが取れない。中庸の酸と多いが控えめのタンニン。内向きのしっとりした印象。派手さが無く、何にでもうまく溶け込み邪魔しない優等生的ワイン。品種はチェザネーゼ、価格は2200円。JB


【相性】
スパゲティ ボロネーゼに合わせたい。牛肉のステーキやハンバーグ・ステーキなどオーソドックスな料理が良いと思う。もちろん、ちょっと刺激的な料理もうまく受け止めてくれる度量はあるだろう。

ワイン名:カンポ・ノーヴォ チェザネーゼ・デル・ピーリオ2012("Campo Novo" Cesanese del Piglio)
生産州:ラツィオ州
生産者名:カサーレ・デッラ・イオリア (Casale del Ioria)
輸入業者:株式会社中島薫商店
  1. 2016/11/07(月) 23:26:38|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンテ・ディ・カンピアーノのアパッシメント・ネグロアマーロ・パッシート サレント

コンテ・ディ・カンピアーノのネグロアマーロ

【コメント】
カシス、プラム、カカオのような香りも。しかし、何と言ってもカシス。ピノ・ノワールに見られるカシスではなく、あくまでも鋭さが無く、丸い印象。それは陰干しさせたせいだろう。濃厚なれど下品さはない。香水で言うとフローラル。付けたてではなく、体臭と馴染んだミドルノート。品種はネーグロアマーロ、価格は1600円 KY

【相性】
これは鴨もしくは牛肉であろう。鹿でも良いかもしれない。ワインの質が高いので出来るだけ良質の料理に合わせたい。トマトを使ったソースなど、安易なマリアージュは是非とも避けたい。この日は鴨フィレ肉のロティ カシス風味のソースに合わせた。

ワイン名:Campiano Appassimento Negro Amaro Passito Salento 2013(アパッシメント・ネグロアマーロ・パッシート サレント)
生産州:プーリア州
生産者名:コンテ・ディ・カンピアーノ (Conte di Campiano)
輸入業者:東亜商事株式会社
  1. 2016/11/04(金) 20:57:07|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バロッロのマンゾーニ・ビアンコ

バロッロのマンゾーニ・ビアンコ

イタリアの北部向けにピノ・ビアンコとリースリングを交配させて作られた品種がマンゾーニ種とのこと。

【コメント】
熟したリンゴ。それに収穫期を過ぎたレモンの香り。分厚い体躯の酒質にどっしりとした酸。ドライブハーブの重苦しいような香りが頭から離れない。切れ味の良さを感じるが、それはサーベルではなく、刀や出刃包丁のそれ。見事なワインである。品種はマンゾーニ。価格は2100円。JB

【相性】
鮮魚のポワレ、ムニエルなど魚介類で重めの料理に合わせたい。肉なら鶏、豚が良いだろう。野菜にも合わなくはない。この日は砂肝のコンフィ、それにイカと明太子のスパゲティに合わせた。

ワイン名:マンゾーニ・ビアンコ2009(Manzoni bianco)
生産州:ヴェネト州
生産者名:バロッロ (Brollo)
輸入業者:株式会社アルカン
  1. 2016/10/30(日) 20:35:29|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドメーヌ クリストフ ドルーアのムスカデ・セーヴル・エ・メーヌ

クリストフ ドルーアのムスカデ
【コメント】
スイカ、そして葉物野菜の香り。ドライハーブの繊細な香り。柑橘類の酸を感じる。西洋というより、日本の例えばスダチに近いものを感じる。ドライさはあるのだが、気難しさ、重苦しさは一切感じない開けっ広げな印象。軽やかさはターンを繰り返す踊り子のよう。少し冷やしめに。とても良く出来たワインである。価格は1900円。品種はムスカデ種 NH

【相性】
野菜主体の軽めの料理、脂身の少ない白身魚のカルパッチョなどがよいだろう。パスタもペペロンチーノのように軽めのものであれば大丈夫だろう。

ワイン名:ムスカデ・セーヴル・エ・メーヌ 2014(Muscadet Sevre et Maine Sur Lie Selection des Haut Pemions)
原産地呼称:A.C.Muscadet Sevre Maine
生産者名:ドメーヌ クリストフ ドルーア(Domaine Christophe Drouard)
輸入業者:株式会社フィネス
  1. 2016/10/16(日) 20:01:33|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルチアーノ サンドローネのドルチェット・ダルバ

ルチアーノ サンドローネのドルチェット・ダルバ
【コメント】
甘い香りはパルファムのよう。シルキーでドライ。エレガントさを感じる。イチジクの渋み。ベリーの味わいなれど、赤系、黒系を考えるがどれにも似ていない。確りした酸、それに極細かいタンニンもあるが、それは意識しないと感じられない。少ないわけではないので、虚像を見ているかの様。いつもながら香りと味わいの不一致に戸惑う。価格は2300円。品種はドルチェット種 NH

【相性】
そもそもドルチェットは難しい。ルチアーノ サンドローネはさらに難しい。上品なエレガントさのあるワインなので野暮な料理は避けたい。鴨のポワレは良いだろう。あと、赤ワインソースを使った魚料理や甲殻類は上手くすると良いだろう。

ワイン名:ドルチェット・ダルバ 2013(Dolcetto D'alba)
生産州:ピエモンテ州
生産者名:ルチアーノ サンドローネ(Luciano Sandrone)
輸入業者:失念
  1. 2016/10/12(水) 08:03:46|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルドーラのユメ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

カルドーラのユメ
ユメというワイン名は日本語の「夢」から名付けたようです。世界の言語の中から響きの良いものという観点からだそうです。

【コメント】
熟したプルーン、シナモン、カシス、ドライハーブの香り。カカオも少し。細かなタンニンは割とあるのだが、豊かな果実味が前面に出て意識にのぼらない。素晴らしいワイン。品種はモンテプルチアーノ種100% 価格は2500円 JB

【相性】
牛肉、もしくは鴨の主菜、パスタと合わせたい。あとは臓物系くらいか。この日はハンバーグステーキと合わせた。ミートソースもよいだろう。

ワイン名:YUME Montepulciano d'Abruzzo 2011(ユメ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ)
生産州:アブルッツォ州
生産者名:カルドーラ (Caldora)
輸入業者:株式会社モトックス
  1. 2016/09/24(土) 16:34:03|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファッロのカンピ・フレグレイ

ファッロのカンピ・フレグレイ
【コメント】
 白桃の香り。スダチの酸。ホワイトグレープフルーツの白皮の苦みもほんのりある。かなり綺麗に仕上げている見事なワイン。品種はファランギーナ種100% 価格は2300円 JB

【相性】
 野菜主体の前菜、パスタが良いだろう。あっさり目の魚料理、肉なら鶏が良いだろう。相性に神経質さを求めないワインなので気楽に。

ワイン名:カンピ・フレグレイ 2012(Campi Fregrei)
生産州:カンパーニャ州
生産者名:ファッロ (Farro)
輸入業者:株式会社アルトリヴェッロ
  1. 2016/09/19(月) 11:45:22|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セルヴァグロッサのセルヴァ・ビアンコ

セルヴァグロッサのセルヴァ・ビアンコ
【コメント】
 ライム、レモンの香り。タイムなどのドライハーブの香り。柑橘系のとてもドライな印象で揮発感がある。味わいもライムの苦み、そしてレモンの酸。少しとリンゴのニュアンスもある。翌日はカルヴァドスを思わせる香りも少し出てきた。品種はビアンケッロ100% 価格は1600円 KY

【相性】
 ドレッシング付のリーフサラダの前菜に最初の一杯としてが良いだろう。野菜、もしくは魚主体の前菜、白身魚の主菜あたりまでは問題無いだろう。

ワイン名:2014 Selva Bianco(セルヴァ・ビアンコ)
生産州:マルケ州
生産者名:Azienda Agricola Selvagrossa(アジィエンダ・アグリコーラ・セルヴァグロッサ)
輸入業者:株式会社モトックス
  1. 2016/09/02(金) 18:02:44|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する