ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

バロッロのマンゾーニ・ビアンコ

バロッロのマンゾーニ・ビアンコ

イタリアの北部向けにピノ・ビアンコとリースリングを交配させて作られた品種がマンゾーニ種とのこと。

【コメント】
熟したリンゴ。それに収穫期を過ぎたレモンの香り。分厚い体躯の酒質にどっしりとした酸。ドライブハーブの重苦しいような香りが頭から離れない。切れ味の良さを感じるが、それはサーベルではなく、刀や出刃包丁のそれ。見事なワインである。品種はマンゾーニ。価格は2100円。JB

【相性】
鮮魚のポワレ、ムニエルなど魚介類で重めの料理に合わせたい。肉なら鶏、豚が良いだろう。野菜にも合わなくはない。この日は砂肝のコンフィ、それにイカと明太子のスパゲティに合わせた。

ワイン名:マンゾーニ・ビアンコ2009(Manzoni bianco)
生産州:ヴェネト州
生産者名:バロッロ (Brollo)
輸入業者:株式会社アルカン
  1. 2016/10/30(日) 20:35:29|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドメーヌ クリストフ ドルーアのムスカデ・セーヴル・エ・メーヌ

クリストフ ドルーアのムスカデ
【コメント】
スイカ、そして葉物野菜の香り。ドライハーブの繊細な香り。柑橘類の酸を感じる。西洋というより、日本の例えばスダチに近いものを感じる。ドライさはあるのだが、気難しさ、重苦しさは一切感じない開けっ広げな印象。軽やかさはターンを繰り返す踊り子のよう。少し冷やしめに。とても良く出来たワインである。価格は1900円。品種はムスカデ種 NH

【相性】
野菜主体の軽めの料理、脂身の少ない白身魚のカルパッチョなどがよいだろう。パスタもペペロンチーノのように軽めのものであれば大丈夫だろう。

ワイン名:ムスカデ・セーヴル・エ・メーヌ 2014(Muscadet Sevre et Maine Sur Lie Selection des Haut Pemions)
原産地呼称:A.C.Muscadet Sevre Maine
生産者名:ドメーヌ クリストフ ドルーア(Domaine Christophe Drouard)
輸入業者:株式会社フィネス
  1. 2016/10/16(日) 20:01:33|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルチアーノ サンドローネのドルチェット・ダルバ

ルチアーノ サンドローネのドルチェット・ダルバ
【コメント】
甘い香りはパルファムのよう。シルキーでドライ。エレガントさを感じる。イチジクの渋み。ベリーの味わいなれど、赤系、黒系を考えるがどれにも似ていない。確りした酸、それに極細かいタンニンもあるが、それは意識しないと感じられない。少ないわけではないので、虚像を見ているかの様。いつもながら香りと味わいの不一致に戸惑う。価格は2300円。品種はドルチェット種 NH

【相性】
そもそもドルチェットは難しい。ルチアーノ サンドローネはさらに難しい。上品なエレガントさのあるワインなので野暮な料理は避けたい。鴨のポワレは良いだろう。あと、赤ワインソースを使った魚料理や甲殻類は上手くすると良いだろう。

ワイン名:ドルチェット・ダルバ 2013(Dolcetto D'alba)
生産州:ピエモンテ州
生産者名:ルチアーノ サンドローネ(Luciano Sandrone)
輸入業者:失念
  1. 2016/10/12(水) 08:03:46|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルドーラのユメ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

カルドーラのユメ
ユメというワイン名は日本語の「夢」から名付けたようです。世界の言語の中から響きの良いものという観点からだそうです。

【コメント】
熟したプルーン、シナモン、カシス、ドライハーブの香り。カカオも少し。細かなタンニンは割とあるのだが、豊かな果実味が前面に出て意識にのぼらない。素晴らしいワイン。品種はモンテプルチアーノ種100% 価格は2500円 JB

【相性】
牛肉、もしくは鴨の主菜、パスタと合わせたい。あとは臓物系くらいか。この日はハンバーグステーキと合わせた。ミートソースもよいだろう。

ワイン名:YUME Montepulciano d'Abruzzo 2011(ユメ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ)
生産州:アブルッツォ州
生産者名:カルドーラ (Caldora)
輸入業者:株式会社モトックス
  1. 2016/09/24(土) 16:34:03|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファッロのカンピ・フレグレイ

ファッロのカンピ・フレグレイ
【コメント】
 白桃の香り。スダチの酸。ホワイトグレープフルーツの白皮の苦みもほんのりある。かなり綺麗に仕上げている見事なワイン。品種はファランギーナ種100% 価格は2300円 JB

【相性】
 野菜主体の前菜、パスタが良いだろう。あっさり目の魚料理、肉なら鶏が良いだろう。相性に神経質さを求めないワインなので気楽に。

ワイン名:カンピ・フレグレイ 2012(Campi Fregrei)
生産州:カンパーニャ州
生産者名:ファッロ (Farro)
輸入業者:株式会社アルトリヴェッロ
  1. 2016/09/19(月) 11:45:22|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セルヴァグロッサのセルヴァ・ビアンコ

セルヴァグロッサのセルヴァ・ビアンコ
【コメント】
 ライム、レモンの香り。タイムなどのドライハーブの香り。柑橘系のとてもドライな印象で揮発感がある。味わいもライムの苦み、そしてレモンの酸。少しとリンゴのニュアンスもある。翌日はカルヴァドスを思わせる香りも少し出てきた。品種はビアンケッロ100% 価格は1600円 KY

【相性】
 ドレッシング付のリーフサラダの前菜に最初の一杯としてが良いだろう。野菜、もしくは魚主体の前菜、白身魚の主菜あたりまでは問題無いだろう。

ワイン名:2014 Selva Bianco(セルヴァ・ビアンコ)
生産州:マルケ州
生産者名:Azienda Agricola Selvagrossa(アジィエンダ・アグリコーラ・セルヴァグロッサ)
輸入業者:株式会社モトックス
  1. 2016/09/02(金) 18:02:44|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マラヴィエイユのロック・エ・リュヌ

マラヴィエイユのサン・サトゥルナン
カリニャン主体のワインと言うことで購入したものです。サン・サトゥルナンはラングドック地方のACだそうです。カリニャンは樹齢80年にもなるそうです。

【コメント】
まずドライハーブの香り。次にブルーベリー。サニーレタスなどの葉物野菜の香り。心地良いタンニンと程度の良い軽さのボディ。そのバランスを酸が調える。少し甘味を感じるのはグルナーシュからくるものか?品種はカリニャンが80%以上で残りはシラー、グルナッシュ。価格は1400円。

【相性】
ハービシャスなワインなので香りが強いものでも大丈夫である。肉を使った前菜やパスタ。主菜なら豚料理がよいだろう。ただ、ボディがそれほど重くないので魚にも合わせられるだろう。この日は鶏モツとズッキーニのスパゲティに合わせた。GG

ワイン名:Saint Saturnin "Roc & Lune" 2013(サン・サトゥルナン ロック・エ・リュヌ)
原産地呼称:A.C.Saint Saturnin
生産者名:Domaine Malavieille(ドメーヌ・マラヴィエイユ)
輸入業者:株式会社中島薫商店
  1. 2016/08/20(土) 13:05:11|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エレナ・ワルクのキュヴェ・エヴァ

エレナ・ワルクのキュヴェ・エヴァ
ゲヴェルツが飲みたいと思って購入したワインです。実際には60%でしたがイタリアでこの品種は珍しいかも。

【コメント】
ドライハーブの香り、そしてライチ。清々しい印象。ボディは引き締まっており、酸も確りある。洗練されたエレガントな素晴らしいワインなのであるが、もう少し安価であればと思う。品種はゲヴェルツトラミネール60%ミュラートゥルガウ20%、シャルドネ20%価格は2700円

【相性】
野菜の前菜や野菜主体のパスタに合わせたい。鶏肉、豚肉も大丈夫だが軽めのソースにするとよい。この日はイベリコ豚ベジョータのソテーに合わせた。野暮ったい料理は出来れば避けたい。

ワイン名:2014 Cuvee Ewa(キュヴェ・エヴァ)
生産州:アルト・アディジェ州
生産者名:Elena Walch(エレナ・ワルク)
輸入業者:イタリア商事株式会社
  1. 2016/08/12(金) 16:23:04|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する