ハチャの深層

ハチャ独自の視点で ワイン、食、音楽、アート等を レビュ 。 

コンティ・フォルメンティーニのピノ・グリージョ・コッリオ

コンティ・フォルメンティーニのピノ・グリージョ・コッリオ
【コメント】
蜂蜜や砂糖を彷彿する甘い香り、リンゴの蜜や洋ナシのニュアンス。ドライハーブの苦み、酸は確りあり裏で支えている。程よいバランスである。中庸的なワイン。

【相性】
野菜料理、魚、鶏肉、豚肉など万能的に合わせることが出来るだろう。魚か肉が入るとより良いように思う。この日は魚介ラグーのフジッリに合わせた。

品種はピノ グリージョ100%、価格は1700円

ワイン名:2015ピノ・グリージョ・コッリオ (Pino Grigio Collio)
生産州:フリウリ ヴェネツィア ジュリア州
生産者名:コンティ フォルメンティーニ(Conti Formentini)
輸入業者:モンテ物産株式会社
  1. 2017/07/21(金) 08:34:21|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グラーチのエトナ ロッソ

グラーチのエトナ ロッソ
【コメント】
フランボワーズ、イチゴなどのフレッシュな赤系ベリーの鮮烈な香りに魅了される。鮮烈さと言う意味ならブルゴーニュのシャンボール・ミュジニィの優良生産者の一級畑のそれであろう。ゾクゾクするほど生々しく感じるのはミネラリーさから。細かく溶けたタンニンが裏に回って見事に支えており、一層際立たせている。綺麗でエレガントさを湛えた酸も最下層に確りあるので、その上位層が映えるのであろう。ネレッロ マスカレーゼ種で作られたこのワインは目を見張るものがある。細かくはない澱が結構あるので最後は注意する必要がある。刮目してしまうエレガントなワイン。

【相性】
このワインの鮮烈さには重みを感じさせる鈍重な料理は出来れば避けたい。ソース、煮汁にキレを持たせるなど工夫したくなる。つまりはこれは料理に合わせると言うより、ワインを楽しむために料理をアレンジしたくなる。具体的にはトマトソースを使った料理、肉なら鶏や豚などが良いだろう。ハンバーグステーキもデミグラスソースではなく、赤ワインを強調したソースが良いだろう。
品種はネレッロ マスカレーゼ種100%、価格は2500円

ワイン名:2013 エトナ ロッソ(Etna Rosso)
生産州:シチリア州
生産者名:グラーチ(Graci)
輸入業者:テラヴェール株式会社
  1. 2017/07/03(月) 09:25:44|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グラーチのエトナ ビアンコ

グラーチのエトナ ビアンコ
標高600mと1000mの2つの畑を所有するグラーチ。購入を決めた理由は前の所有者が農薬を使っていなかったからという。
【コメント】
シトラス、ミネラルの風味は海の潮のそれ。ホワイトグレープフルーツの風味、そして苦み。丸くはあるがレモンの酸。見事な味わいのワイン。

【相性】
魚か肉のパスタ、もしくは主菜で質の高い料理に合わせたい。この日は帆立とトレビスのスパゲティ、豚挽肉のフジッリに合わせた。どちらも軽めの赤でも大丈夫な料理だが、グラーチのワインでも充分楽しめた。

品種はカリカンテ70%、カタラット30%、価格は2500円

ワイン名:2013 エトナ ビアンコ(Etna Bianco)
生産州:シチリア州
生産者名:グラーチ(Graci)
輸入業者:テラヴェール株式会社
  1. 2017/06/25(日) 13:51:09|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トレ・モンティのトレッビアーノ

トレ・モンティのトレッビアーノ
【コメント】
 桃や洋ナシのほのかな香り。タイムやオレガノのようなハーブ香。フレッシュでミネラリー。ハーブの苦みがあるが少し甘味も感じる。重くはないが確りした体躯。綺麗な酸。キャラクターを感じないのを個性が無いと捉えるか、ニュートラルさがある包容力と捉えるか。

【相性】
 野菜料理から魚料理まで守備範囲は広くそつなく合わせることが出来るだろう。ただ、酸度はそれほど高く感じないので、ヴィネガーなど酸が効いたものに対しては物足らないと感じるかもしれない。それほど個性的ではないので、が良いだろう。鶏肉なら胸などあっさりめなら大丈夫だろう。この日はイサキの香草焼きに合わせた。

品種はトレッビアーノ100%、価格は2600円

ワイン名:2014 トレッビアーノ(Trebbiano Di Romagna Vigna Rio)
生産州:エミリアロマーニャ州
生産者名:トレ・モンティ(Tre Monti)
輸入業者:株式会社アルトリヴェッロ
  1. 2017/06/22(木) 07:15:39|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンテ・ディ・ロアリのバルドリーノ・キアレット

モンテ・ディ・ロアリのバルドリーノ・キアレット
2日間ほど果皮と浸漬、その後は発酵果汁をセメントタンクにて4ヶ月熟成後に瓶詰。
【コメント】
トマトやサニーレタス等のリーフ野菜の香り。オレンジやルビーグレープフルーツ、ブドウの果皮の香り。ミネラルウォーターにオレンジ果汁を溶かしたようなフレッシュな味わい。仄かなタンニンと適度な酸が心地良い。品種はコルヴィーナ50%、ロンディネッラ35%、ロッサネッラ15%、価格は2000円

【相性】
ロゼなので野菜から軽めなら魚、肉など広範囲の料理に大丈夫だろう。酸度はそれほど高くないので、穏やかめの味付けが良いだろう。この日は空豆のリゾットに合わせた。

ワイン名:2015 バルドリーノ・キアレット(Bardolino Chiaretto)
生産州:ヴェネト州
生産者名:モンテ・ディ・ロアリ(Monte dei Roari)
輸入業者:アズマコーポレーション
  1. 2017/06/11(日) 09:57:38|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダヴィッド・エ・デュヴァレのミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ

ダヴィッド・エ・デュヴァレのミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ
【コメント】
 レモン、ライム、青リンゴ、リンゴの香り。ミネラリーを感じる爽やかで清々しい味わい。柑橘系の味わいも結構あるが、ミュスカデ特有にひねた感じが無いので飲みやすい。ただ、グビグビという感じにはならないのは、ひと口毎に味わってしまうからであろう。品種はミュスカデ100% 価格は1600円 素晴らしいワイン。

【相性】
 軽めの魚介類の料理が良いだろう。野菜料理でもよいが、是非魚介にしたい。しかも、少し癖のあるものにしたい。このワインにはある程度のクセにも対応できるであろうから。この日はムール貝とブロッコリーのスパゲティに合わせた。

ワイン名:ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ 2015(Muscadet Sevre & Maine)
生産地:ロワール (Loire)
生産者名:ダヴィッド・エ・デュヴァレ(David & Duvallet)
輸入業者:株式会社フィラディス
  1. 2017/06/06(火) 09:01:08|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リブランディのマーニョ・メゴーニョ

リブランディのマーニョ・メゴーニョ
【コメント】
スグリ、ブルーベリー、プラム、ラズベリー、イチジクの香り。紅茶のニュアンスも。細かく柔らかいタンニンと綺麗な酸が上手く支えている。深いルビー色でエッジはやや厚め力強い色調です。飲んだ印象からすると意外なほどエレガントさを感じる。

【相性】
牛肉などの肉料理が良いだろう。トマトが入ったボロネーゼなどとても良いだろう。この日は仔羊に合わせた。特に問題は無かったのだが、2杯目はややくどく感じた。

品種はマリオッコ種100%、価格は2300円

ワイン名:2014 マーニョ・メゴーニョ(Magno Megonio)
生産州:カラブリア州
生産者名:リブランディ(Librandi)
輸入業者:モンテ物産株式会社
  1. 2017/06/04(日) 07:35:04|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラ・ストッパのアジェーノ

ラ・ストッパのアジェーノ
自然農法によるぶどう作り。30日間ものかもし発酵を行って造られたワイン。

【コメント】
 ライチ、アンズ、紅茶、ベルガモットのうっとりする芳香。熟したラ・フランスのニュアンス。締りのある酸のせいか、ボディは香りから察するほど重くはない。バランスのとれた素晴らしいワイン。品種はマルヴァジア60%、トレビアーノ40%、価格は4400円 GG

【相性】
 香りが強いので、料理もそのようなものが良いだろう。豚肉に果物のソースを合わせたものなどは良いだろう。魚でも良いが、やはり香りを利かせたものが良いだろう。この日は豚と春キャベツのスパゲティとブイヤベースに合わせた。

ワイン名:2011 アジェーノ(Ageno)
生産州:エミーリア・ロマーニャ州
生産者名:ラ・ストッパ(La Stoppa)
輸入業者:テラヴェール株式会社
  1. 2017/05/26(金) 20:47:01|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ハチャ

Author:ハチャ
アーティスティックなものが好きな私です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する